鍵交換はピッキング被害を防ぐ最善策~空き巣の脅威を防ぐ~

我が家のセキュリティ性を強化!ピッキング被害対策には鍵交換 我が家のセキュリティ性を強化!ピッキング被害対策には鍵交換

ピッキング被害に遭ったら即・鍵交換

ピッキング

ドラマや映画で見ることがあるピッキングは、現実でもあります。一度、ピッキング被害に見舞われてしまったら、二次被害に遭うリスクが高まるので危険です。自身の財産を守るために、修理ではなく鍵交換を施しましょう。

ピッキングとは

鍵穴に特殊な器具を挿入して鍵を開ける手法です。手慣れている人なら、1分以内で鍵を開けてしまいます。ピッキングの手法は、ネットや雑誌でも紹介されています。そのため、一般の人にも知られているので、特殊な技術というわけではありません。簡単な侵入方法といえるでしょう。

狙われやすい家のタイプ

ピッキングによる空き巣被害に遭いました。なんで私たちの家が狙われたんでしょうか?狙われやすい家の特徴ってありますか?
「塀や壁が高い」・「ベランダや窓付近に足場がある」・「外からの死角が多くて人通りが少ない」の中に該当している箇所がある場合、被害に遭いやすいです。隠れやすく、人通りが少ない環境が整うと、証拠を残しにくくできるからです。隠れられる箇所や人気がない環境下は、窃盗犯にとって格好のピッキングスポットとなります。

二次被害に遭ってしまう可能性が・・・

鍵修理は破損した場合に有効ですが、鍵内部を元通りにしただけなので、再びピッキング被害に遭う危険性があります。侵入しやすい家だと判断されると、他の空き巣にも知られてしまいます。大切な個人情報と財産を守るために鍵交換は必須です。

二次被害に遭わないためにも鍵交換

女性

鍵の技術は年々発達していますが、ピッキングの手口もそれに合わせて巧妙化しています。自宅に窃盗犯が侵入された時のことを想定して、ピッキングや破壊行為に強い鍵へ交換しましょう。玄関の戸は勿論ですが、窓や勝手口は、空き巣の侵入経路となりやすいので、鍵交換の重要度が高めです。特に、長い時間外出する機会が多いなら、窃盗犯も侵入しやすい場所と判断するので、ピッキング被害に遭いにくい丈夫なタイプの鍵を選び、専門業者に交換してもらいましょう。

ピッキング対策~自分でできる鍵交換の仕方~

鍵交換の手順

鍵を測る

まず、ドアの鍵寸法を細かく測りましょう。フロント板の縦・幅の長さ、ビズのピッチ、丸座の直径、バックセットの寸法を測っておけば、ドアにピッタリな鍵を見つけやすいです。ただし、賃貸物件の場合は、オーナーの許可を得てからにしましょう。

新しい鍵を用意する

専門ショップや通販サイトで、好きなタイプのカギを購入しましょう。鍵のケースも一緒に交換すると、模様替えした気分を味わえます。もし、鍵とドアノブの一体型のものを選ぶなら、それに合わせてドアノブ交換も必要となります。

既存のものを外して新しいものを取り付ける

まず、先の細いドライバーでフロント部分のネジを外し、ペンチでシリンダーを固定しているピンも外します。シリンダーを外せば、新しい鍵交換の作業に移れます。取り付けの際は、備え付けの説明書に記載している手順を守って取り付けましょう。

我が家を守るためにも鍵交換は大切

ピッキング被害対策のために、鍵交換は重要です。二度と被害に遭わないために、セキュリティ性の高い種類の鍵を選んで取り付けましょう。

TOPボタン