ピッキング被害対策で鍵交換と一緒に施したい対策~有効なグッズ~

我が家のセキュリティ性を強化!ピッキング被害対策には鍵交換 我が家のセキュリティ性を強化!ピッキング被害対策には鍵交換

ピッキング対策は鍵交換だけじゃない~防犯を高める予防法~

泥棒

ピッキング被害対策で鍵交換を施すのも大切ですが、そのほかの防犯対も大切です。空き巣の侵入経路は、玄関だけではありません。窓ガラスからも侵入されるケースがあるので、こちらでは窓の防犯性を強化するための防犯グッズを紹介します。

玄関以外からも侵入してくる可能性大

脆いガラスが張られている玄関や窓は、窃盗犯の格好の餌食になります。ガラスの強度を上げるためには、玄関のガラス部分・窓に防犯フィルムを貼り付けましょう。ガラスを割ろうとしても、容易に穴が開きにくくなり、屋内への侵入が困難になります。また、防犯フィルムと二段構えで、補助錠を設置しておくのも有効です。

空き巣犯に狙われないための防犯対策法

郵便物を溜めない
防犯のためには、ポスト内に郵便物を溜め込むのは避けた方がいいです。空き巣は、郵便物の量を見て侵入しやすいかを判断します。長期不在中だと認識されないために、こまめにポストの中身をすっきりさせましょう。
合鍵を隠さないようにする
鉢植えやポスト内部に合鍵を隠すと、高い確率で空き巣に見つかってしまい、合鍵を使って屋内に侵入されます。もし、旅行などの長期不在で、合鍵を屋外に隠したいなら、錠付きの保管箱に保管しておきましょう。
洗濯物を取り込んでおく
夕方から夜まで外出する場合は、取り込んでおきましょう。空き巣が不在中だと認識して侵入されるリスクが高まります。簡単な用事で、すぐに戻る場合は問題ありませんが、長い時間留守にする場合は、室内干しにしましょう。

窓の鍵交換ができない場合は補助錠

窓に備え付けられている鍵は、密封性を高める目的のものではありません。空き巣や泥棒対策用ではないので、施錠しても容易に侵入されます。窓からの侵入を防ぐには、補強錠や防犯フィルムで窓を補強しましょう。

TOPボタン